睡眠障害の原因

睡眠障害の原因について解説しています。

過度のストレスや環境
睡眠障害の原因の一つに過度なストレスがあります。ストレスがたまるとリラックスできずに、眠ることができなくなってしまいます。

鬱などの心的疾患
睡眠障害の中には、鬱病が原因で眠れない場合もあります。この場合は鬱病をしっかりと治療するのが先決です。

疲労の蓄積によって眠れない
疲労によって眠れなくこともあります。寝るのにも体力が必要ですので、メリハリをつけた生活を心がけましょう。

脳内ホルモンのバランスの崩れ
睡眠障害は脳内のホルモンのバランスが乱れることも原因になります。生活習慣や食事を変えることは重要です。

睡眠障害の人と一緒にいると
睡眠障害の場合、一緒に寝ている人のリズムも崩してしまって、その人も睡眠障害になる場合もあります。できるだけ早く対策しましょう。

入眠前の強い光はNG
強い光を見ることで眠れなくなってしまうということがあります。寝る前にはあまり強い光を見ないようにしましょう。

カフェインの摂取もNG
寝る前にカフェインを摂取するのもNGです。リラックス効果はなく、睡眠に入りにくくしてしまう効果があります。

携帯は良質な睡眠を妨げる
携帯電話は非常に便利なものですが、睡眠障害の方の場合は、寝室には持ち込まないほうが良いでしょう。光やアラームは睡眠の妨げになります。

喫煙による影響
喫煙は睡眠障害の原因の一つになります。タバコには覚醒作用がありますので、寝る前の喫煙だけでも控えてみてはいかがでしょうか?

寝酒は逆効果
適量のお酒は睡眠に良いといったことも聞きますが、睡眠障害の方は基本的には飲まないことをおすすめします。

六角脳枕

このページの先頭へ

  • サイトマップ