鬱などの心的疾患

鬱病からきていることもあります

鬱病や心的疾患による睡眠障害が現代社会ではかなり多くなっています。「こころの風邪」と言われている鬱病ですが、当人にとってはそのように軽いイメージでは済まないものです。この場合には、ストレスや過労から来ている睡眠障害とは異なっていますので、適切な「治療行為」を必要とします。

睡眠導入剤及び精神安定剤などの処方を受けて緩和をしていきますし、鬱病の根源へのアプローチも求められます。他の原因の場合は一瞬でも眠れる瞬間があるのですが、鬱病によって睡眠障害が発生している場合には、一睡もすることが出来ないと言っている方も多くいますね。

こうなると翌日には心身ともに疲れを持ち越していますので、鬱病にも良い影響を及ぼしません。悪循環が出てくることになりますね。

治療をせずにそのままにしておくのは体が持たないので、カウンセリングと投薬などで、まずは眠れる状態を強制的に作ることをしていきます。平行して根本的な治療に入りますね。

根本的な治療が必要

鬱病と聞くと心の弱い人だと思われがちですが、そうではありません。もちろん心的ダメージも原因の1つではありますが、脳内の伝達物質などに問題が出ていることも原因として上げられます。

あまり聞き慣れないでしょうが、セロトニン、メラトニン、などと言ったものの分泌や活動が問題で鬱病を発生していることもありますので、その点の調整を投薬やストレスを取り除いていくカウンセリングも行なっていきます。

鬱病はこういった根本的な解決をすることによって、一定の改善が可能になるので、鬱病からくる睡眠障害になっても悲観的にならないようにしましょう。あまり気にしすぎるとよけいに状況を悪化させます。

鬱病から回復しても、場合によっては不眠症だけ残ってしまうこともありますが、時間が解決してくれて「寛解」という状態になる希望はあります。「治癒」とは異なって、一般的な状態へと近づけることを寛解というのですが、症状は格段に軽くなりますし、日常生活への支障がでませんので、鬱病と睡眠障害の寛解は、ほとんど治った状態にあるものと判断して構わないでしょう。

六角脳枕

このページの先頭へ

  • サイトマップ