睡眠障害の症状

睡眠障害といってもいろいろな種類があり、症状も異なります。ここでは睡眠障害の色々な症状を見ていきましょう。

睡眠不足と間違われ気味
睡眠障害は周りから見るとただの睡眠不足ですが、実際は違います。またできるだけ早めに対処することで改善することもできます。

睡眠時間を意識する
睡眠障害の方の中には短い時間で瞬間的に眠るのが良いという人もいますが、最低でも4時間以上の睡眠時間は確保したいものです。

眠れないことにストレスを感じる
睡眠障害でなかなか眠れなくなると、ストレスを感じてしまいます。これだと余計に眠れなくなるので、気にしすぎるのも問題です。

眠れない期間の目安
どのぐらい眠れない日が続くと睡眠障害を疑ったほうが良いのでしょうか?

中途覚醒とは?
睡眠障害の中の中途覚醒とはどういったものなのでしょうか?睡眠時間中に何度も目が覚めてしまうことを言います。

早期覚醒とは?
睡眠障害の一つ早期覚醒とはどういったものかを解説します。早期覚醒の場合、一定時間しか眠れず、早く目が覚めてしまいます。

不眠症とは?
不眠症と呼ばれる状態になってしまうと、本当に寝れなくなってしまいます。できるだけ早く医師に相談する事をおすすめします。

ナルコレプシーとは?
ナルコレプシーは10代~20代に多く見られる症状です。夜眠れずに昼間に眠気が襲ってきます。

睡眠相後退症候群とは?
睡眠相後退症候群とは、夜中まで起きていることによって、体にある体内時計がすっかり狂ってしまう状態のことを言います。日光を浴びる事で改善する場合があります。

睡眠時無呼吸症候群とは?
睡眠時無呼吸症候群とは、寝ている時に数秒から数十秒の間、呼吸が止まってしまうことを言います。できるだけ早く医師に相談しましょう。

過眠症とは?
眠れないことだけが睡眠障害ではありません。眠りすぎることが問題なのが過眠症です。

昼夜逆転の生活
睡眠障害による昼夜逆転の生活は社会生活にも支障をきたしかねません。早めに対策しましょう。

精神疾患の誘発もある
睡眠障害をほっておくと、精神疾患を併発することもあります。うつ病などは代表的なものです。

心理状態の変化
睡眠障害で眠れない日が続くことで、心理状態にも変化が出てきます。人間関係が悪化したりもしますので注意しましょう。

身体的な問題について
睡眠障害が続くと、身体的にも問題が起こってきます。頭痛やめまいなどが起こってきますので、早めに薬などをもらうのをおすすめします。

投薬による副作用
睡眠障害の薬を飲んでいる場合、投薬による副作用もあります。肥満になったり、眠りすぎることもあります。

セロトニンとは?
セロトニンは良い睡眠を取るのに必要不可欠な物質です。眠るためのメラトニンというホルモンを作るのにも必要になります。

メラトニンとは?
メラトニンは睡眠ホルモンと言われ、人の睡眠に関して重要なものです。メラトニンを適切に分泌するには規則正しい生活が重要です。

レム睡眠とノンレム睡眠
睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があります。それぞれどのような状態なのでしょうか?睡眠の基礎として知っておきましょう。

体内時計と睡眠障害
睡眠障害の場合は、体内時計に誤差が生じている場合が多いです。出来れば体内時計を元に戻しましょう。

睡眠時の脳波
睡眠障害の方は、通常の睡眠の時の脳波と異なっている場合も多いようです。ドクターによっては脳波を計測する場合もあります。

六角脳枕

このページの先頭へ

  • サイトマップ