睡眠不足と間違われ気味

単なる睡眠不足とは異なります

睡眠障害というのは睡眠に関してのトラブルを総合的に表したものです。睡眠障害が原因で朝になってもだるさが残っていたり、昼間に眠気を感じるということも起ります。事情を知らない周囲の方から見ると、遊んで夜更かしでもしてきたかのような印象を持たれてしまうようなことがあります。

学生さんでも社会人の方でも、実はこのように判断されるのは一番辛いところでもありますね。睡眠の最中に、それを自分でコントロールしようと思っても出来ないことは、理解されているようでされていないのが現実です。実際に睡眠障害になってみないと睡眠の仕組みや効果について学ぶこともないので、理解されにくい側面を持っています。

恐らく、一時的なものや単発的に起こるものであれば、本人も気づくことのないまま不眠症に移行していく可能性があります。したがって、早い段階で気づくことも大切です。睡眠障害は、確かに生活のコントロールの問題によって発生することもありますが、ご自身で調整の出来ない人間の機能としての問題から発生していることもありますね。

習慣化するようであれば

一時的に眠りにつきにくいなどの状態になっているのであれば、特に問題ではないでしょう。小学生が遠足の前には眠れないというようなレベルなら、睡眠障害に該当しません。ただし、睡眠のトラブルが継続的に続いていくのは心身ともにダメージが出てきますので、こういった場合には慎重に取り組まなくてはいけないでしょう。

生活習慣を振り返ってみることや、居住空間の環境、心理状態など、様々な面から何か原因になっていることを探すことになります。眠れないようなクセのある生活をしてしまっていることが多く見られますので、その改善だけでも入眠や睡眠の質に良い影響を及ぼすものです。

一晩中一睡も出来ないというケースになると、心療内科などへの通院も視野に入れなくてはいけません。そこまでひどくなければ、原因を取り除くことによって快眠できる環境を自分で作ることが出来ます。ちょっとしたことでも、積み重ねによって睡眠障害を改善していくことは十分に可能なことですので、コツや方法について解説していきます。

六角脳枕

このページの先頭へ

  • サイトマップ