レム睡眠とノンレム睡眠

レム睡眠とは何か

睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠の状態を繰り返して眠りが浅くなったり深くなりながら持続していきます。まずはレム睡眠の方から解説していきましょう。レムというのは、Rapid Eye Movementという目が動いていることを表す言葉が略されています。これは、体は睡眠状態に入っているのに脳が起きているときのことをいいます。

入眠したばかりではレム睡眠の方が先に来ますが、その後ノンレム睡眠に入っていくということを繰り返すサイクルですね。1セットで約90分程度となっています。レム睡眠の浅い眠りの状態から、ノンレム睡眠の深い眠りに移るというのが交互に来ますが、レム睡眠の状態はちょっとしたことでも目が覚めやすくなっているといえます。

起きる時間が近づいてくるとレム睡眠の時間は長くなってくるので、その時には脳が起きていますから、見た夢を覚えているということが起こります。交互に繰り返して、レム睡眠が長くなり起きるのには、体が目覚めやすく、起きてからの日常行動に移りやすくしていくためだと言われています。体は休んでいても、脳は起きやすい状態ですし、深い休息の状態から急に目を覚まそうとしても難しいことがあるからです。

ノンレム睡眠とは何か

レム睡眠とセットになっているノンレム睡眠では、脳も休眠状態に入っていますのでかなり深く眠っていることになります。この時に夢を見ても覚えていることが出来ないので、朝起きて夢を見たような気がするけれど、覚えていない場合は、ノンレム睡眠の状態から起きてしまったということになるかも知れません。

脳の温度も下がるようになっているので、ノンレム睡眠の時に急にアラームなどが鳴って起きても、ボーッとしていることが多いかも知れないですね。印象としては最初からノンレム睡眠になってくれた方が、体も脳もしっかり休めるのではないかと思いますが、途中にレム睡眠を挟むことによって、体の状態をキープする役割もありますので、レム睡眠とノンレム睡眠を繰り返すサイクルが、睡眠の質を落とさないのには必要なことでもあります。

90分ごとのサイクルになっているので、その区切りで目が覚めるようにしておくと朝に気持ちよく起床できます。

六角脳枕

このページの先頭へ

  • サイトマップ