セロトニンとは?

セロトニンとは何か

セロトニンというのは、睡眠に関わるものとして、また精神状態を良好に保つものとして必要とされる脳の中の物質になります。トリプトファンという必須アミノ酸ですが、メラトニンという眠たくなるホルモンを作るのにも必要となります。

体の中で作られるものではないので、トリプトファンを取ることでセロトニンは増やせます。これは赤身の魚や肉、乳製品にも多く含まれています。そこからセロトニンの生成につなげていくのにはビタミンが必要になります。ビタミンの中でもB6が有効的で、これは香辛料に多く含有されていますので、組み合わせて摂取していくことが大事になります。

サプリメントで効率良く摂取するという方法もあります。しかし、食品から摂取するのとサプリメントでは、どちらがコスト的にご自身の生活と合っているのかを検討して使用した方が負担も少なくて良いでしょう。これは継続していくことで効果が得られ、持続していくことになります。しかし、いずれの方法にしても依存性があるものではないので、切り替えは自由に出来ます。

効果について

セロトニンは、ドーパミンやノルアドレナリンといった興奮状態に繋がる物質を押さえる効果を持っています。したがって、必要量が体に蓄積されていることによって、精神の安定をもたらすものでもあります。情報をコントロール出来ることで安定状態が継続しますので、欠かせない成分として位置づけられているのです。

医学的には、セロトニンの不足することによっててんかんを起こしてしまうこともあると言われています。ストレスが長期間継続している場合にはセロトニンは極度に減少してしまいます。これは快楽つまり依存を呼ぶドーパミンと怒りを呼ぶノルアドレナリンを押さえるのに相当量が消費されてしまうからだと考えられています。

結果、精神の状態が安定的ではなくなってきて、鬱病などの精神病に移行していく可能性があるのです。その課程の中に睡眠障害が出てくるものだと思って良いでしょう。睡眠障害になったときには、セロトニン不足を疑っても良いかも知れないですね。

六角脳枕

このページの先頭へ

  • サイトマップ