心理状態へ変化

イライラするようになり始めて

心理状態の変化としては、睡眠が十分に取れないことによって、些細なことにイライラし始めるようになっていくでしょう。親しく遠慮をしなくて良い間柄、例えばご両親や親友などに対しても、八つ当たりをするというケースも出てくるようです。

周囲としては、睡眠障害の辛さを理解しにくいこともありますので、苛立ちをどのように受け止めて良いのか困惑してしまいますね。家族でないのであれば、あなたから離れて距離を置くようになるかも知れません。

周囲との人間関係の悪化もある程度予想できますので、そのようなことにならないように注意をしていきたいものですが、睡眠障害が悪化してくると、気を配るだけの余裕もなくなってきてしまうのです。

ここから悪循環に入っていくことになるケースが多いので、リラックスを心がけて様々な工夫をした方が良いでしょう。もしくはクリニックを訪れてみるなど、ご自身で行動を起こすタイミングと考えましょう。

人間関係の悪化によりストレスが

人間関係が悪化することで疎外感も感じるようになって、ストレスを感じ始めます。これは睡眠障害には良くないことなので、さらに眠れない状態になることもありますね。余計にイライラも募ってきますので、さらに人間関係を悪化させます。

悪循環になると、自分でもストレスが蓄積していくのが分かるかも知れません。ストレスが溜まっていることが自覚できれば改善の余地はありますが、問題はストレスに気が付いていないと言うことの方が怖いと思いますね。

ストレスの発散をしているつもりが、ご自身にとっては気づかぬストレスになっているケースも良くあります。そうすると限界に達したときに、一気に感情の起伏が出てしまいますので、社会生活が困難となるでしょう。

治療や投薬を受けるなど、先手を売っておかなくては、追い詰められていく一方になります。焦燥感や不安感を感じたときには、専門家への相談をした方が無難ですね。ご自身で抱え込まないのが、まず第一歩となるでしょう。

六角脳枕

このページの先頭へ

  • サイトマップ