サプリメントを活用してみる

サプリメントの種類に関して

サプリメントにも睡眠障害にアプローチ出来るものがあります。気持ちをリラックスさせるセントジョーンズワートが代表的なものとして知られていますね。欧米諸国で、特にドイツでは睡眠障害に対して効果を示すハーブとして、一般的に使用されています。

その他にもありますが、日本では薬効が示されていないとその効き目を認めていないという現実があります。薬を使用する場合にはどうしても副作用が伴いますので、こういったサプリメントでの改善も有効ではないかと思います。他にも商品名は出しませんが、入眠に効果のあるようなドリンク剤の販売もされていますので、併用はしない方がいいと思いますが、いろいろと試してみて、相性の良いものを選択して行くようにしましょう。

基本的に薬ではないので、即効性は期待しないで下さい。数ヶ月程度は継続する必要があります。価格帯も様々なものがありますので、継続しやすい範囲内でのセレクトをしていくと良いですね。

どのように使用するのか

一般的に睡眠障害に対してのサプリメントの使用は、入眠時間の2~3時間前が良いと言われています。ハーブをそのまま利用するのであればその方が適しているでしょう。カプセルに入っているタイプのサプリメントでも、外側が溶けるのに時間がかかりますので、目安として2~3時間前となります。

ハーブティの様なもの、例えばカモミールやラベンダーなどですと、体を温める効果も考えると、直前に砂糖を入れないで飲むのが良いと思います。砂糖を入れてしまうとリラックス効果はあるものの、歯磨きをしたくもなりますので、ノンシュガーで飲んで下さい。

サプリメントの多くは朝に飲むことを推奨していますが、セントジョーンズワートなどのような、薬効成分も若干あるものに関しては、日中に眠たくなってしまうと困りますので夜に使用した方が理想的です。効果や効能によって使用するタイミングを検討してみましょう。日中のストレスを緩和して、夜に眠りやすくするタイプのサプリメントでしたら、朝に使用しても構わないですね。

六角脳枕

このページの先頭へ

  • サイトマップ