生活習慣を改善する

睡眠障害に繋がる悪習慣

睡眠障害に繋がっていく悪習慣はいくつかあります。不規則な生活や乱れた食生活、そして過度に溜まったストレスなどは良くないですね。その他には、眠気を誘うメラトニンの分泌を阻害するような習慣を改めるようにすると睡眠障害の改善が見られるでしょう。

寝酒といって睡眠前に飲酒をしたり、カフェインの摂取や喫煙による刺激などを日頃から習慣としている場合には、やめることも考えなければなりません。喫煙や飲酒は適度であればたしなんでも良いと思われがちですが、少なくとも睡眠前の3~4時間は控えるようにして下さい。

出来れば禁煙・禁酒が出来ると健康にも良いですし、睡眠の質も上がってくると思います。寝たばこなどをするようなことがあると、危険でもありますし、そういった面からもやめることを考えてみましょう。寝酒については効果の無いもので、睡眠の質を落とすものだと思って構いません。

生活習慣の改善を検討する

寝酒で眠気を一時的に誘うよりも、温かいノンカフェインのドリンクに置き換えることをオススメします。どうしてもコーヒーでなくてはダメだという場合は、カフェインレスの美味しいコーヒーが販売されているので、それを使用しても良いですね。値段は少しだけ高くはなりますが、睡眠障害になることを考えると安い投資だと思います。

喫煙と飲酒も入眠の直前には避けるように心がけて下さい。夕食時に少し程度であれば仕方のない範囲でしょう。タバコについては、軽いタバコであれば良いと言うことではないので誤解のないようにして下さい。飲酒もアルコール度数を控えれば良いというものではありません。

食事の改善としては、睡眠時間の5時間前には食事を済ませておいて、軽く空腹を感じる程度にしておくと胃腸も休まり、しっかりと睡眠で体を休めることが出来るでしょう。満腹から来る眠気で入眠するのはあまり効果的ではありません。刺激物も避けるようにして下さいね。

六角脳枕

このページの先頭へ

  • サイトマップ