睡眠障害に処方される薬

入眠剤などを利用する

睡眠障害の初期の場合にも、クリニックなどでは必要に応じて軽い安定剤や入眠剤を処方することがあります。一般的にはデパスという名前のものが処方される可能性がありますが、副作用などの心配もなく、改善すると薬を止めることも簡単なので、問題はないでしょう。

この薬はもともと胃腸薬として活用されていたもので、副産物的な効果として気持ちを安定させる効果があるということが分かりました。その後は心療内科などに行かなくても、内科などで睡眠障害になりかけている方や初期症状の方に対して処方されることが多いですね。かなり軽い薬にカテゴライズ出来ますので、これによる副作用については不安に思わなくても大丈夫ですよ。

改善の傾向が見られて、これは軽い薬だしと言うことで自己判断で止めてしまえる範囲のものでもありますが、念のため医師の判断を仰ぎましょう。勝手に止めてしまうことによって弊害が出ないとは言い切れませんので、注意が必要です。

一時的なものであれば改善も早期に

睡眠障害も一時的なものであれば、改善するのも比較的早い段階で効果を感じることもあります。その時にご自身がおかれている環境や生活習慣などの影響もありますので、投薬の前に生活に対しての指導をクリニックなどで受けることも考えられます。

クリニックの医師も、安易に投薬を行おうという方針ではないので、改善できるところから着手していくことになります。副作用のない薬でも使用しないに越したことはないですし、処方することによって依存性を示す睡眠障害の方もいます。そうすると、入眠剤がないと眠れないものだという思い込みも発生しますので、悪循環に陥ってしまいますね。

偽薬としてビタミン剤を使用するのにも、この依存性が発生する可能性は否定できません。早期に改善するのは大事ですが、投薬前の各種の改善について医師とも相談して検討しましょう。あれこれと一度にしなくても良いので、1つずつクリアしていくと気持ちの上での負担も少ないでしょう。

六角脳枕

このページの先頭へ

  • サイトマップ