慢性化している睡眠障害への投薬

怖いものではありません

慢性化している睡眠障害については、改善するにも少々時間のかかるケースが多いですね。様々な投薬を行って調整していきます。週に1回程度クリニックへ通院して睡眠の状態を報告することで、強い薬にするか弱くしていくのかを微調整しなくてはいけません。

同じような効果を示すものでも、その強弱の変化がありますし、最初は軽いものから使用していきます。その段階で効果が出ればしばらく継続して様子を見ていきますね。多くの場合は、夜寝る前に投薬されることになりますので、日中のお仕事や学業に支障の出るような眠気を催すことはありません。

また、他の体の部分に対して副作用を生じることはないので、あまり安易に怖がらなくても問題はありません。眠れないで消耗していくよりは、投薬を受けて睡眠が取れた方が、体も気持ちも楽にはなってきます。依存性の出る薬というのも多くはありませんし、医師もその点は配慮していますので、安心して構わないでしょう。

改善されるようなら減薬へ

睡眠障害の慢性的なものに対して投薬をされているときは、絶対に自己判断による断薬をしてはいけないことになっています。断薬というのは急にぱったりと投薬を止めてしまうことです。これによって、改善されてきている睡眠障害の悪化が予測されます。

この場合は、医師と相談しながら減薬といって、徐々に薬を減らしていく方法を取っていきます。このさじ加減については素人には分らないものなので、全面的に医師の指導にしたがい、通院しながら状態の報告をしながら行っていくものです。

多少、睡眠時間の減少や眠りの浅い感じが出ることもありますが、それに対しての工夫についても指導がありますので、不安に思わなくても大丈夫ですよ。生活習慣病のように、生涯に渡って飲まなければいけない薬を使用するわけではないので、減薬を経て、投薬をしなくても良い状態には持って行けます。一生飲まないといけないのかしら?と思う必要はないですね。適切に投薬を停止していくことが出来るのです。

六角脳枕

このページの先頭へ

  • サイトマップ