投薬のメリット・デメリット

投薬のメリットについて

投薬にもメリットやデメリットがあります。まずメリットとしては、サプリメントなどによって改善するよりも即効性があるということでしょう。体質などの個人差にもよりますが、かなり効き目が早く確実でもあります。

また睡眠導入剤だけではなく、睡眠の状態を維持するタイプの薬もありますので、これらを併用することによって、安定的に睡眠を持続させることも可能になりますね。一口に睡眠薬と言われるものにも役割が分かれているのです。分量の調整に関しては医師や薬剤師との相談の元で行っていきますので、その点に関しては安心しても構わないでしょう。

ストレスによってもたらされる睡眠障害に関しては、日中に補足的なものとして精神安定剤を用いることがあります。これによってストレスを緩和し、さらに夜の睡眠を促していくことになりますね。使用量やタイミングを間違わなければ、効き目を感じることになります。

投薬のデメリットについて

では投薬に関してのデメリットというものは、どのようなことがあるのでしょう。まず強い薬に関しては、多少の依存性が出ないとは言い切れないこともあります。生活や食生活などの改善、ストレスを軽減しないままで、睡眠薬などがあるからいいかと思ってしまうと薬に頼る度合いも強くなりますね。昼間に飲む安定剤に関しては多少の眠気を伴う方もいます。そうすると車の使用も難しくなります。

その他には入眠剤は別として、睡眠を持続させるタイプの薬に関しては、朝の起床が辛くなることもあります。したがってあまり強い薬の使用は避けないと日常生活が辛くなりますね。睡眠障害のパターンによって使い分けもしますし、分量の調整はするのですが、調整をかけている時期は一定の良い睡眠が取れないこともありますので、安定するまでは大変かも知れないです。

このように投薬にもデメリットがありますので、深刻な状況ではないのであれば、日常生活や食生活、ストレスを緩和するなどして、薬に頼らない方法も検討した方が、ご自身にとって負担は少ないかも知れないですね。ただし、投薬したからといって生涯継続するものではないので、安易に不安を感じる必要はありません。あくまでもケースバイケースでしょう。

六角脳枕

このページの先頭へ

  • サイトマップ