鬱病などの精神疾患からきている場合

安定剤の活用も大事

鬱病を初めとする精神疾患から睡眠障害を発症することもあります。この場合には適度に精神安定剤などの導入も行っていく必要があります。大元の解決を図らないと睡眠障害が改善されないこともありますので、この点の注意が必要でしょう。

精神疾患の場合には、いわゆる「キレイな鬱病」と医師が言うものに関しても3ヶ月程度の治療期間を要します。それ以外に関しては多少長めのスパンで治療をしていくことになります。焦るのが最も良くない効果を出してしまいますので、じっくりと治療に取り組む姿勢が大事になってきます。

精神紹介から来ている睡眠障害の場合には少し状況が変わります。クリニックへの通院を必要とするようにもなりますので、睡眠の状態がどのようになっているのかだけではなく、医師との相談をしなくてはいけなくなりますね。この場合に処方される安定剤は少し強めのものにはなりますので、日中に眠気を催すこともあり、運転などには注意を要するケースが出てきます。

根本的な解決が必要です

睡眠障害が精神疾患からきているとしたら、これは根本的な解決を必要とします。鬱病などで眠れなくなっているのであれば、それを治すところから初めていきますので、多少の時間はかかるものだと思った方が良いでしょう。適切な投薬や治療を受けることによって、個人差はありますが改善していきますので心配はしなくても大丈夫です。

精神疾患の改善と共に睡眠障害も軽減されていくでしょうし、投薬によって眠れるのであれば、今までの眠れない生活よりも格段に負担の少ないものとなっていきます。クリニックにかかっている安心感もありますので、1人で悩む必要もなくなりますね。

ただし、投薬を受けているからと言って、バランスの悪い生活をしても良いということにはなりませんので、規則正しい生活を心がけていくと良いでしょう。それに関しては医師からも指導があると思いますので、睡眠の時間を一定にするなどの工夫をしていくと良いと思います。

六角脳枕

このページの先頭へ

  • サイトマップ